スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカランド・円で複利35%を実践するには!

これまでは大まかな資産運用についてのご説明をしてきましたが、これからいよいよ具体的に私の行っている投資状況をご連絡していきたいと思います!(ほんとに数万円ですが・・・・)

タイトルの通り”南アフリカランド・円”で複利35%を実践するにはまずFX業者のスワップから年利を計算する必要があります。(FX業者によってスワップ金額が違います)

まず私の愛用しているFX業者は外為どっとコムFX Online Japan です。
外為どっとコムは情報とチャートを愛用してます!
実際に取引を行っているのはFX Online Japan です。

ではまずFX Online Japan の本日現在のスワップは1万ランド当たり36円となってますので
年率9.66%となります。計算式は「スワップ(36円)×365日」/「現在のレート(13.6)×通貨枚数(1万)」*100です。

本来であれば、ランド金利11.5%-日本金利0.5%=金利差11%となりますが、FX業者によってスワップが違い、スワップが高い業者ほどこの金利差11%に近づいていくわけです。

ま~FX業者選びは前回ブログでもご紹介しましたが、スワップ金額だけで選ぶべきではありませんのでご注意を!私はFX Online Japan が一番使いやすく(取引しやすく)現状のスワップでも満足しております。

という事で、1万通貨当たり9.66%の年利がありますので、目標利率35%にするには口座レバレッジを3.62倍に近づければ良いのです!(35%/9.66%=3.62)

-私の口座内容-
購入通貨:南アフリカランド・円
通貨枚数:2万通貨
口座余剰金:75,441円
現状レバレッジ:3.61倍
現状年利:34.8%

これが私の現状の資産状況です。(しょぼい><)だいたい目標年利35%付近になっていると思います。まーこの投資を始めて2ヶ月目という事で、まだ2万ドルですが毎月こつこつ買い貯めていきたいと思ってます。

↓応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログへ

↓私の愛用FX業者
外為どっとコム
FX Online Japan

↓高スワップなので検討中の業者
FXプライム
マネーパートナーズ










theme : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門
genre : 株式・投資・マネー

複利運用のすばらしさ!

原油価格が高騰してますね~><134ドル(市場最高値)を更新したみたいです。
またガソリンの値段あがっちゃうんですかね~ 勘弁してほしい・・・

さて今回は複利運用のすばらしさをご紹介したいと思います!
単利での運用と複利での運用では、長い目で見れば差は歴然です。(FXでの複利運用とはスワップ益で追加購入する事です)
逆に単利運用では大金持ちしか儲からない運用となってしまいます><

まず基本ですが、単利運用とは利益を再投資しない運用方法で、複利運用とは利益を再投資する運用方法です。
100万円を元本として単利運用と複利運用での差を見てみましょう!!
過去のブログで言ったように1千万円まで年利35%を目標なので年利は35%として計算しました。
単利運用5年間=2,750,000円
複利運用5年間=4,484,033円
なんと!!全然違いますね!これが複利運用の効果です。

ちなみに10年後では(年利35%で計算)
単利運用10年間=4,500,000円
複利運用10年間=20,106,556円
なんとなんと!さらに差がでました!そうです複利運用は期間が長くなればなる程差が出るのです!
そうです!複利運用すれば誰でも富豪になるチャンスはあるのです!!がんばりましょう!

ご参考迄に複利35%運用20年間成功出来たらなんと・・404,273,589円になります!4億円オーバーですよ!!夢の長者番付確定です(笑)

本ブログの右下の"富豪への道のり”という項目に、複利運用の計算ツールを添付しておりますので是非ご活用してみて下さい!

↓応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログへ

↓私の愛用FX業者
外為どっとコム
FX Online Japan

↓高スワップなので検討中の業者
FXプライム
マネーパートナーズ









theme : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門
genre : 株式・投資・マネー

危ないFX業者に注意!安全なFX業者選びのポイント

株式会社ジェイ・エヌ・エスというFX業者が5/24で業務終了(登録取り消し)となりました。高スワップをうたい文句にしていたFX業者のひとつです。

恐ろしいですね・・・信託保全されているとはいえ不安はぬぐえません。
大切なお金を預けているFX業者が破綻するというリスクは意外と非現実的であまり考えていない事が多いように思います。マイナー通貨は危険など、通貨に対してのリスクよりもFX業者破綻リスクの方がよっぽど高い!という事です。

とにかくこんな面倒に巻き込まれない様、再度自分の使っているFX業者は安全か確認する必要があります。という事で本日は安全なFX業者選びのポイントをご紹介します!!

(ポイント1)信託保全されているか!?
・今では多くのFX業者が信託保全されていますが、信託先の銀行もチェックして下さい。
今話題の新東○銀行などが信託先だとちょっと不安ですよね!意外と見落とすポイントです。

(ポイント2)金融庁に登録されているか!?
・必ず自分の目で金融庁HPで確認して下さい。リンク先ページの真ん中あたりの”免許・許可・登録を受けている業者”という項目をクリックし”金融商品取引業者”というPDFファイルを開きます。登録業者数が多いので検索機能でFX業者名を打ては一発で出ます。

(ポイント3)自己資本比率が200%以上か!?
・自己資本比率について下記のように義務付けられています。
140%以下:金融庁への届出が必要 
120%以下:新規口座開設が出来なくなる
100%以下:3ヶ月以下の営業停止もしくは登録取り消し
となっており、140%の時点で既に危ない状態と思うべきでしょう。最低でも200%はないと不安です。
また自己資本比率は3・6・9・12月に算出され更新されますので3ヶ月毎にFX業者HPにて確認して下さい。
ちなみにジェイ・エヌ・エスはここ最近150%~200%で推移してました。

大きくはこの3ポイントです。分かっている様であやふやになりがちですが大切なお金を預ける業者です。せっかく資産運用しようとしてもお金を預けているFX業者が破綻したのではみもふたもありません><

ちなみに私の愛用中のFX業者も確認してみました。
(2008年3月末時点)
外為どっとコム 自己資本比率:550.3%
FX Online Japan  自己資本比率:873.6%
とりあえず一安心!!

これから検討している業者も確認してみました。
(2008年3月末時点)
アトランティック・トレード 自己資本比率:176.7%
FXプライム 自己資本比率:452.7%
あれ~><アトランティックトレード低いじゃん!!
という事で私の検討する業者がFXプライムだけに減ってしまいました・・・
でも調べてよかった(汗)

みなさんもご確認を!!

↓応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログへ









本当のレバレッジ

今回はレバレッジについてお話したいと思います。
レバレッジについても2種類あります。(勝手に私が2種類と思っているのですが・・・)

1)まず1万通貨購入に必要な保障金に対しての通貨レバレッジ
2)もう1つは余剰金と購入通貨枚数に対する口座レバレッジ!!の2種類です。

文章で書いても分かりにくいと思いますので、具体的に書くと
1)通貨レバレッジ⇒ドル・円レートが100円として一万通貨あたり必要保証金(分かり易く100円としております)
 レバレッジ1倍=必要保証金 1,000,000円 ・・・外貨預金の事(ノーレバレッジ)
 レバレッジ2倍=必要保証金  500,000円
 レバレッジ10倍=必要保障金  100,000円
 レバレッジ100倍=必要保障金  10,000円 
となり、要するにレバレッジが高ければ高いほど1万通貨あたりの保証金が少なくてすむ!という事です。これは皆さんご存知だと思います。(レバレッジ=現在のレート×通貨枚数)


2)口座レバレッジ⇒ドル・円レートが100円として200倍で1万通貨購入した場合の口座レバレッジ 
 レバレッジ1倍=必要口座金額 1,010,000円(余剰金1,000,000円)
 レバレッジ2倍=必要口座金額   510,000円(余剰金  500,000円)
 レバレッジ10倍=必要口座金額  110,000円(余剰金 100,000円)
 レバレッジ100倍=必要口座金額  20,000円(余剰金  10,000円)
となります。こちらのレバレッジは高ければ高いほど強制決済(ロスカット)の恐れが高くなる!という事です。詳しくは各業者設定のロスカットレベルが絡んできますので少し違うのですが・・・

<ロスカットレベル無視の場合>
レバレッジ=通貨枚数(万ドル)*必要保障金/(口座金額-保証金)
<ロスカットレベルを含む場合>
レバレッジ=通貨枚数(万ドル)*必要保障金/(口座金額-保証金×(1-ロスカットレベル))
※余剰金=口座金額-保証金

ちょっと複雑になってしまいましたが、スワップ運用にとっての最適なレバレッジとは
まず通貨レバレッジが高い事!と口座レベレッジは低い事!となります。
通貨レバレッジについては各FX業者によって異なりますが、200倍400倍という業者も多く安い保証金で通貨を購入する事が出来ます。口座レバレッジについては、余剰金残高によって決まってきます。

前回のブログでも書きました高レバレッジは危険!!というのは口座レバレッジの方です!
通貨レバレッジは反対に高い方が安い保証金で通貨を購入出来る(お金がない人にとっては保障金が高いのは致命傷)という事で一口にレバレッジといっても2種類あるのでご注意下さい!

エクセルで上記口座レバレッジの計算式を組んでおくと楽ですよ!!余剰金を打ち込めばレバレッジが表示される様に組めば、常に口座レバレッジを把握する事ができます!

↓応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログへ

↓私の愛用FX業者
外為どっとコム
FX Online Japan

↓高スワップなので検討中の業者
アトランティック・トレード
FXプライム


 
 

theme : FX・くりっく365 成績公開日記
genre : 株式・投資・マネー

トレード失敗談1

今日は月曜日FX市場が開いてますね!
ランド・円は現在14円を目指してがんばってますね!!

さてトレードの失敗談ですが、まずドル・円を用いた超短期売買(スキャスピング)です。
日足で長いスパンのチャートを眺めていたときピン!とひらめきました!
高値-始値と始値-安値の差がほぼ毎日5p(0.05円)はあるじゃないか!!

そこでエクセルで過去10年分の差を出したところ、なんと98%の確率で5p以上差がでる事が判明!
スプレッド2pの業者で取引すれば毎日買い売り合計6pとる事が出来る!

完全に勝てると踏んだ私はレバレッジ200倍近くの超ハイレバレッジで毎朝7時に売買し始めました。
最初は意外と順調で8連勝位していました。しかしよく考えると買いと売りをまったくの同時で行うのはほぼ不可能で必ず1~2p始値からずれてしまう事が多々ありました。それでは勝率98%になるはずがない!あと外れの2%を引いた場合損切はどのタイミングでやるか!?など問題が多々出てき始めて結局は8勝3敗で資産がつきました。

方向感がない相場である程度安定している状態なら結構通用する手法かもしれませんが、今ブームのサブプライム等不安要素が出て相場が不安定になった時にはぜんぜん使えません><

これが私が最後に行ったトレード取引でした・・・
逆のパターン(勝率を下げて、損切を早く)もやったことありますけど、結果は同じでした。

結局トレードというのは”運”が大幅に支配しており、とても安定して利益を出すどころではありません。
過去にノーベル経済学賞受賞者と敏腕トレーダーで立ち上げたLTCMという世界最強のヘッジファンドがあったそうです。ノーベル経済学賞ですよ!!経済・金融のプロ中のプロなわけです。そのヘッジファンドでさえ5年もたたないうちに破産してしまうのがトレードです。すさまじいレバレッジを掛けた取引を行っていたようです。

という事でやはりのんびりスワップ狙いが安全な資産運用と私は思います


↓応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログへ

↓私の愛用FX業者
外為どっとコム
FX Online Japan

↓高スワップなので検討中の業者
アトランティック・トレード
FXプライム


theme : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門
genre : 株式・投資・マネー

政策金利一覧
スワップ一覧
リアルタイムレート
南アフリカ経済指標
富豪までの道のり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。